ニキビにまつわるエトセトラ。

体にできる大人ニキビ

10代頃にできるニキビは思春期ニキビです。体の成長を促すためには成長ホルモンが多く分泌されます。そして、その成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂を過剰に分泌することで、毛穴に皮脂がたまりニキビになるのです。

 

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因となっているので、ニキビが出来やすいのは皮脂腺の多い箇所です。額やTゾーンなどの顔にできることが多いですね。
成長ホルモンが安定してくる20代頃には自然と思春期ニキビは治ります。

 

思春期ニキビができる時期をすぎた大人に発症するのが大人ニキビです。
大人ニキビの原因は、ストレスや肌のターンオーバーの乱れ、食生活、睡眠不足などさまざまな要因が挙げられます。思春期ニキビと違い皮脂の過剰分泌が原因ではないので、皮脂腺が少ない箇所にもできるのが特徴です。
顔以外にも、皮脂腺がある箇所には大人ニキビはできます。ニキビができる原因を特定するのが難しいこともあり、なかなか治らないのが厄介です。
ニキビを放置しておくと、いずれは黒ずみや凸凹の状態になってしまいます。そうなってからは綺麗な肌をとりもどすのは難しくなります。体にできたニキビはなるべく早めに治しましょう。
体のパーツによってニキビの治し方は違ってくるので、適した方法で治すようにすることが大切です。

ニキビ関連サイト